6.16.2010

憂鬱day

2010/6/16
水曜日

1 噛むと歯が痛い。治療に行く前は冷たいものでしみる、という虫歯の症状だった。歯医者に行き、削って消毒して、次回まで問題がなければ埋めものをしましょう、ということであったが、日に日に歯が痛くなってきた。憂鬱。

ローラー71min
朝トレ用目覚ましで起きる。昨日は筋トレとウォーキングをしたくらいでほぼ休養日であったので、今日はローラー。前回より少しだけ時間を増やしてみる。ここ最近ではもっともよく眠れた。夜中に起きなかったのは久しぶり。寝覚めも非常によく、疲労も取れている(腕立ての筋肉痛はきつめ)。
諸準備をして自転車にまたがる。テレビは朝日。まだ本田さん一色。今日は朝からぬるい気温で湿度も高く不快であるが、暖かいせいかペダルは良く回った。インナー5速。30分くらいかけて徐々にケイデンスが上がり95、心拍140+で推移した。おとといの朝以来休養をとっていたので今日は調子がよい。足の具合も問題がなく71分回して終了。

2 昨日の夜から憂鬱である。月に1度かその位の頻度で精神的に落ち込み憂鬱になる。原因は仕事上のあれこれや、私生活上のあれこれだったり、またはよくわからないけれども憂鬱、ということもあるが、何であれ定期的に憂鬱になる。今日がその日。経験上数日のうちに回復するだろうが。今回の憂鬱はきっと「歯が痛い(歯の治療が長引きそう。歯医者はこの世で最も嫌い)」「腸脛靭帯炎ちゃん」「カメラ関連」といった軽微な(腸脛靭帯ちゃんは私にとっては軽微でないが)ストレスが雪だるま方式というか雪崩方式に連鎖してドッと憂鬱になったような気がする。

3 Lレンズが、とか、軽量ホイールが、とか、トライアスロンバイクが、というのはカメラの腕前やセンスがあったり、Runがそれなりに出来なければ、検討する資格もないというか、なんというか。友人が少なくて披露宴に呼べる人が少ないな、友達がいないというのは恥ずかしいから便利屋さんに友人役を集めてもらって体面を保つしかないな、お金はいくらかかるんだろうか、便利屋さんに頼んだなんてバレたらもう生きていけないな、ああ、披露宴なんてやっても仕方がないのに、と嘆くのは結婚して披露宴をしよう、というパートナーを得た人間に許された嘆きであって、そうでない人間には全くの杞憂である。ぼくちゃん腸脛靭帯炎がね、という人間には軽量ホイールやトライアスロンフレームを云々する資格はないのだ、と鬱々しいことを言ってみる。


Red #4
4 flickrにこのような写真を嬉々としてアップロードしている。この写真を撮った日は天気がよかった。5D Mark IIを持って、リハビリ散歩をしながら数十枚撮った。この日は花鳥風月でも撮ろう、写真の基本は花鳥風月である、と思って、花鳥風月を中心に撮った。花とか、葉とか、鳥とか、果実とか。5D Mark IIは一般的には高級なカメラで、私の収入からするとべらぼうにアンバランスな値段のカメラである。私のような収入、そしてカメラの腕前ならば、買うべきカメラは2種類しかない。ひとつ、ヤマダ電機で売っている19,800円の普通のカメラ。ふたつ、ヤマダ電機で売っている29,800円の少し性能のよいカメラ。この2種類だけだ。その買うべきカメラの10倍もするようなカメラを、Amazonしてしまった。そしてその収入的にも腕前的にもべらぼうにアンバランスな5D Mark IIで花鳥風月を含めて数十枚撮ってきて、あれはいまいち、これは嫌い、とそのほとんどを消去して、残った数枚をRaw現像する。そうして花鳥風月をバッサリと消去選別してこれがよいだろうとflickrにアップロードしたのがこの「中浦和駅の壁」の写真である。アップロードして数日たってからこの写真を見て、憂鬱になった。「夜中に燃え上がって書いたラブレターを翌朝読み返して赤面する」のと似た現象が起きた。違うのは赤面じゃなくて憂鬱になった点。
かなりの散財をして手に入れたフルサイズ機、5D Mark II。30をとうに過ぎた男が休日に中浦和駅の壁をパシャリ。花鳥風月は消去して、中浦和駅の壁を残すグレートなセンス。いい出来だと嬉々としてflickrにアップロードした結果がこれである。大変に憂鬱


5 今晩の番組選択は難しい。チリvsホンジュラスか、セガール映画か。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike71min 固定ローラー


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿