6.28.2010

トライアスロン第35週

トライアスロン第35週
---第34週まとめ---
Swimは引き続き順調。回数は5回。月曜日に1500mの自己ベスト(25m40s)が出た。Swimをはじめたころは1500mを30分切りができれば、それで「上がり」だと思っていたのだが、実際に30分切り以上の結果が出てくると上がりどころか、まだスタートラインに立ってもいない、という感じである。このところは50mを50秒で楽に維持できるくらいからようやくスタートラインであるなあ、まだまだだなあ、と思う。今の私は楽に維持できるのは55秒程度。やはりまだまだ。

Bikeも順調にリハビリが進んでる。4回ローラー、1回の実走で、122kmライドでも体のダメージがそれほどでもない、と言えるところまで来た。登坂練習はまだ出来ないが、平地走行ならそれなりに長距離を走る自信がついてきた。ローラーは朝トレとして取れる最長時間の90分まで回せるようになった。私の場合、ペダリングをしてもLSD程度であれば腸脛靭帯炎に影響がほとんどないと思われる。

Runはリハビリを開始。日曜日に2km弱をスロージョグして、腸脛靭帯炎の痛みが出る直前で走るのをやめた(痛みの予兆がかなりはっきりと分かる)。腸脛靭帯炎は治っていない。筋力強化と短距離スロージョグで足に適度に負荷を与えていこうか、というところ。スロージョグでも悪化を招くかもしれないのでそのあたりは慎重に。
======================================
2010/6/28
月曜日

ローラー80min
朝トレ用目覚ましで起きる。睡眠時間十分で、寝苦しくもなかったが、タイミングの問題(睡眠は90分単位とされる)だろうか寝覚めは悪い。諸準備をして自転車にまたがる。TVは朝日。内容をほとんど覚えていない。記憶力の低下なのか、そもそも見ていなかったのか。思い出した。G8が、とかそういうのであった。
尻部分(やや外側)に筋肉痛が多少あった。ジョギングの影響か、それとも膝回り強化の筋トレの影響か。
昨日腸脛靭帯炎の痛みが出る直前までジョグをしたので、それが自転車に悪影響がなければいいのだがと不安だったが、ペダルを回しても特に左膝に変わった点がなかったのでよかった。
15分ほど回すとケイデンスが90位まで上がり、その後しばらくすると97前後で推移した。心拍は140前後。3日連続ローラーの疲れと、左膝が、という不安があった割には調子がよかった。最近はペダルを回せる喜びよりもローラーでの退屈のほうが大きくて、とにかく退屈であった。80分の予定で自転車に乗りはじめ、5分もすると残り75分か、長いほうの針が一と四分の一回転か、とぐったりした。
80分回して終了。走ることはできないが、自転車には乗れるようだ。よかった。

1 昨日のスロージョグ後、左膝の具合がどうなるか不安だったが、特におかしな点はないようで一安心。先月病院に行ったころはピリッときたが、今は多少疲労感がある程度である。

2 Amazonから荷物が届いた。パドル(という名前?プールで使う水かき)、新しい水着が入っていると思われる。まだ開けていない。そういえばあさひからの荷物も開けていない。ソファーに長いこと放置されている段ボールも開けていない。タイヤとかチューブが入っているはず。開けると段ボールを処理しないといけないのが面倒、などといいながら部屋が汚くなってゆく。

Swim1850m
蒸し暑い一日であった。今日泳げば6月は40km超。距離に大した意味はないが、数字を眺めて「いひひ」とにやつくのに役立つ。
プールは混んでいた。このところ混んでいることが多い。
何度か前が詰まることがあったが、ほとんど続けて泳ぐことができた。
ペースは55秒弱で維持できた。
32本+ダウン5本で終了。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
--------------------------------------------------------------------------
Bike80min 固定ローラー
Swim1850m
各種筋トレ


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿