6.07.2010

トライアスロン第32週

トライアスロン第32週
---第31週まとめ---
Runは引き続きゼロで、散歩やウォーキングであれば問題が出ないぞ、という自信が回復してきた程度。まだ走ろう、という段階ではない。
Bikeは実走1回、ローラー4回できて満足。時間を徐々に伸ばしているが問題がない。やはり実走は気分がよい。腸脛靭帯炎ちゃんも痛みが出ないのでリハビリは順調。
Swimは安定してトレーニング出来ている。50m、55秒ペースを維持できるようになり、それより速いペースも・・・という状態。55秒以下のペースが楽に感じられるようになりたい。そろそろ積ん読の教則本を読んで知識を得ようか、というところ。


自転車に乗れるようになり、ウォーキングが出来るようになり、夜はプールへ行く、という状態になると、龍が如く4が進まなくなる、ということにもなるのだな、もう休養生活ではなくなったのだな、と思った。
===========================================
2010/6/7
月曜日

1 朝トレ用目覚ましで起きることができなかった。寝苦しくて眠りの質が良くないというのと、前日までのBikeとSwimの蓄積疲労で、二度寝。過労死してもいけないので、これはこれでよしとする。休養も必要。

2 米美知子の風景写真の撮り方解説本を読む。いい景色、被写体を探すために、山岳装備で山に入るのが当たり前だそうだ。というか、コラムを読む限り、命がけ。クマが、とか、遭難しかけた、とか。すごい世界。山に入っていく、とか、装備が、といった環境面のすごさもそうであるけれども、なぜそれをするのか、撮りたいものを撮るためのモチベーションのすごさもそうであるけれども、そして撮りたいものを撮るための技術のすごさもそうであるけれども、やはり一番すごいのは撮りたいものを「どのように表現するか」という精神活動部分。仮に私に装備、機材(それを使う技術も)があり、同じ場所に行き撮影をしたとしても、出来上がるものはまるで別物となることが火を見るより丸見えである。

Orange #1
3 写真にもいろいろとあって、風景、都市、人、動物、虫、鳥、抽象系など様々なジャンルがある、写真とひとくくりには出来ない、ということにも気付いた。音楽をひとくくりにできないのと一緒だろうか。私はどういうものを撮りたいのか分からず鬱。

Swim1850m
今日も暑い。歩いてプールへ。疲労がたまってきているので今日こそはゆっくりペースで。速い人に張り合って、とか、あ、かわいこちゃんがいるぞ、ぼくちゃん、いいところを、みせちゃうぞ、と疲れているのに頑張ると怪我をしかねない。今日は緩めに57秒ペースで泳ぎたい。1500mを28分弱くらい。32本+ダウン5本で終了。ある程度の距離を歩いても、特に問題はないようだが、まだ「あれ?」という感覚はある。

筋力強化
ハム3種、スクワット、カーフレイズ、腹筋、腕立て、背筋。筋トレは日々の変化を感じづらい。機械を使えば数字で分かるのだろうが、自重とチューブを使った筋トレなのでそのあたりがさっぱりわからない。足の筋肉が休養生活前の詰まった感じに戻ってきた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
--------------------------------------------------------------------------
Swim1850m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿