4.29.2010

さよならLX3 ようこそ5D Mark II

2010/4/29
木曜日

1 左ひざは違和感が消えないものの、ほぼ回復したと感じる。腸脛靭帯炎の症状として、全然自覚症状がなく、もう大丈夫だろうと走ったりこいだりすると急激に痛む、というのも一つの典型であるそうだ。私の左ひざが腸脛靭帯ちゃんであるかどうかは分からないが、自覚症状は今はほぼない。

2 私はモノの少ない部屋が好きで、しばらく使っていないもの、これからも使う機会が少ないものがスペースを占有している状態は嫌いだ。使いそうもないもの、無駄にスペースをとるものを少しずつ捨てている。たとえばDVDのケースとか。DVD類はディスクだけあればよい。外箱はスペースをとって仕方がない。モノを減らす一環として使いそうにないカメラを手放すことにした。Panasonic LX3。1年ちょっと前にこのカメラを買った。その後自転車に乗り始めてから、荒川下流方面も、上流方面もこのカメラと共に行った。位置づけとしてはGRD3と似ていて、コンパクトデジカメとしては画質を重視しているタイプ。高級コンパクトと言うこともある。なぜ使わなくなったかというと、このカメラはレンズ部分がやや突起していて、携帯性が若干悪く、サイクルジャージの後ろポケットに入らない(絶対入らないわけではないが)。またレンズキャップを手で開けるタイプなのでコンパクトデジカメらしい気軽さに欠ける。後にカメラ機能の充実したケータイを買ったのを機に使用頻度が激減し、GF1,GRD3を使うようになって完全に引き出しの肥やしとなった。LX3はキタムラさんに行くことになった。思ったよりも高く引き取ってくれた。

3 モノを減らす一環としてPS3やPSPのソフトも中古店に行くことになった。少し手をつけて途端に飽きてしまったもの、やる気のでないもの、クリア済みのソフト。部屋にあってもやることがなさそうだ。捨ててしまうのももったいない。いい大人がゲームショップに行くのは少々つらいものがあるが、多少でもお金になるならばやむを得ない。こちらも思ったよりも高く引き取ってもらえた。



ローラー30min
足の具合がよい。自転車に乗ることにする。今日は「トレーニング」ではなく「リハビリ」ないしは「テスト」である。ペダルをこぐと左ひざに異常が出るかもしれないし、問題がないかもしれない。そのテストだ。左ひざの痛みが出た際にはリハビリ期間を設けずに60分、90分、120分とローラーした。負荷も今思えば低く抑えなかった。今回は量、質とも様子を見ながら段階的に上げていきたい。
入念にストレッチをして、10分ほどゆっくりウォーミングアップで回す。今日は心拍もギアもケイデンスも上げない。ウォーミングアップ後に少しだけ負荷をかけて10分回す。心拍は135以下で。気分よく30分回して終了。膝に痛みや違和感は特に感じない。ひとまずokというところだろう。

Swim1050m
歩いてプールへ。9日連続Swim。特に何かを意識して、ということではなく、ただプールへ行って、漫然と泳ぐだけ。ストレッチとアップは十分に行う。怪我はアップ不足で発生することも多いという。1分弱ペースで30本+ダウン5本と行きたかったが、2時間ほど前に食事をしたので、泳いでいるうちにちょっとそちらの具合がよろしくない。21本を休み休み泳いで終了。風呂に入って帰宅。

4 Amazonから佐川を経由して、私のところへ5D Mark IIが届いた
--------------------------------------------------------------------------
Bike 30min 固定ローラー
Swim 1050m


flickr

0 件のコメント:

コメントを投稿