4.18.2010

怪我生活に戻る

2010/4/18
日曜日

1 左膝(腸脛靭帯炎?)を痛めて落ち込んでいる。左膝のこと、トライアスロンのことが頭一杯に広がって、その他のストレスが頭からきれいに追い出された。

2 左膝の具合。膝に疲労感、違和感、重さがある。右足裏は順調に回復している。

3 2月中旬から怪我が続いている。右膝→左膝→右足裏→左膝。それぞれ違った箇所で、どこかの故障がくせになっているわけでもなさそうだ。また、右左右左と順番になっている。どちらかをかばうような動きがトリガーになっているのかもしれない。A箇所に違和感があると、Bという動作につながり、C部分に負荷がかかり、D箇所に炎症がおこる、というような現象が人体にはあるようで、どこかに不安を抱えたままトレーニング等をすると(負荷、量にもよるが)、自分では意識しないところに予想しなかった結果として出ることもあるのだろう。昨日の左膝の痛みは走っているときに出たものであるが、Runが原因とは思えない。1kmちょっとを走った程度で走れなくなるほどの痛みが出るとは思えず、すでに痛んでいたものがRunによって決定的に引き出されたもの、と考えるべきだろう。

4 一日経っても左膝の違和感、疲労感は取れず、立ったり座ったり、トイレに行く程度の負荷であっても、じんわりとダメージを感じるので、この状態を脱するまでは完全休養で日常生活も出来る限り動かないこととする。

5 怪我生活に戻ると、トレーニング出来ないストレスがたまり、カメラはフルサイズですよ、という声が高まる。それはそれで困るが。フルサイズへの導入として、小型軽量Kiss X4もいいかもしれない。いや待てよ、それならGF1でいいのではないか?やはりカメラはフルサイズなのだろうか。GF1なら散歩に最適。散歩ならKissでも持っていけそう。5D Mark IIとなると、近所の散歩には厳しい。しかし、フルサイズをもっている人のブログ等を見ると、5Dの吐き出す画が大変すばらしいので、持ち出すことが多い、ともいう。

6 この2ヶ月ほどカメラカメラと騒いでいる。私は、ストレスがたまったり、時間に余裕ができたりすると、電気製品モノを買ってきてはいじくっては飽きて触らなくなる、という傾向がある。カメラもそうかもしれない。GF1,GR Digital IIIと立て続けに買った。シャッターを切るのはなかなか楽しいもので、とりわけGF1だと「タシャ」という音がするので、気分がよい。

7 この間買った電気製品モノ、PS3はこのところ起動すらさせていない。今日は安静にするので、多少時間がある。Homeのシアターあたりにいってみることにする。龍が如く3をもう一周するのもいいかもしれない。

8 ドラクエ9をクリアしてしまいたい。長いことこのゲームをやっているが、なかなか進まない。錬金システムをほぼ無視しているせいかもしれないが、とにかくお金が足りない。お金が足らないので、そこらへんにいるモンスターを殴ってお金をもらう。そうしてお金をためて装備を買う。装備を買えるころには十分レベルが上がっているので、従前の装備でもよさそうな・・・ということをやっていると、話がなかなか進まなくてつまらない。今は火山の里まで来た。
--------------------------------------------------------------------------
左膝回復のため休養

0 件のコメント:

コメントを投稿