4.05.2010

トライアスロン第23週

第23週
---第22週まとめ---
右足の具合がだいぶ良くなり、ウォーキングを再開し、ローラーも乗れた。まだまだ足の違和感が消えないが、歩いてもこいでも、痛みがもどるほど悪化することがなくなった。もう少し足の具合がよくなればローラーを増やしたい。Runの再開はまだめどが立っていない。

Swim
右ブレス時に左ひじに痛みが出るようになってから、左ブレスのみでストローク数を増やしてひとかきの負荷を弱めにした。するとタイムが良くなり、50mを55秒程度で泳げるようになった。これは想定していなかった進歩である。Swimは長いこと低空飛行で苦手意識があったが、思った以上に進歩した。「いつの日か、1500mを30分くらいで泳げたらいいなあ」と思っていたが、その日があっさりと来た。
足の具合が悪くなってから少し太ったので、浮きやすくなったのもプラスになったのかもしれない。肺の空気を吐き出した時に、以前より沈まなくなった気がする。



左膝の具合が悪い。下に書く。
=======================================
2010/4/5
月曜日。雨。

1 足の具合は良くない。朝の第一歩に右足だけはっきりとした違和感がある。足底筋膜炎だろうか。昨日は朝晩とウォーキングをしたので多少ダメージがあったのだろう。風呂に入ったり歯磨きをしているうちに違和感も薄れた。今日は雨でもあるし出来るだけ足を休めたい。

2 カメラはフルサイズですよ、という声がいよいよ大きくなってきた。すでにそれなりのカメラがあるし、被写体がないのでカメラを買っても撮るものがない。しかも大型重量級のフルサイズを使うシーンが想像できない。

3 カメラはフルサイズですよ、という声が大きくなるばかりか時折、カメラはフルサイズであるからGF1もGRDもカメラに非ず、という声が聞こえだした。私はビョーキ野郎かもしれない。

4 左膝に違和感(2010/2/16に良く似た感じ)が再発したような、しないような。昨日歩いたせいだろうか、右足をかばうような歩き方をしたからだろうか。様子を見る必要がある。ただ、ウォーキング程度で膝に違和感が出るというのは困る。負荷がかかっているわけでもないのに膝にダメージがあるのだろうか?

5 午後になると左膝の違和感が強くなる。体正面からみてお皿の下、右側を指で押すと痛い。テンキーにすると3の位置。2月中旬からずっと膝や足が痛くてトレーニング出来ていない。右足裏の1ヶ月以上の不調にようやく出口が見えてきたら今度はまた左膝。これは相当精神へのダメージがあった。足が良くなることを希望にSwimを続けてきたが、途切れることなくどこかに痛みが出る。膝に負荷をかけた覚えがないのに違和感がでると、悲観的になる。私の体はトライアスロンの負荷に適応できないのではないか、今後もこのように途切れることなく痛みがでると、ずっとトレーニング出来ないのではないか、そうであればなぜSwimをしているのか、トライアスロンが出来ないのに泳ぎに行くのは時間の無駄ではないか、と弱気になって今日は休養。
--------------------------------------------------------------------------
休養

0 件のコメント:

コメントを投稿