4.15.2010

ローラー121min レイクタウン 愛の妙薬

2010/4/15
木曜日

ローラー121min
朝起きてローラー。ドリンクは水。テレビは朝日。朝ローラーはトレーニングをしたんだぞ、という気分になるのでよい。ストレッチをして軽くペダルを回す。テレビでは何をやっていたかを思い出そうとしても思い出せないので、もう少し本気を出して思い出してみると、舛添さんが新党を、とか、人気知事と会談、とかそういう話題であった。あと、何とかという俳優と何とかという女優が破局したのでないか、という見方の根拠に何とかという女優がなんとかというミュージシャンのマンションから朝帰りしたからだ、という話題であった。ローラーはインナー5速を回す。少し長めに回す予定であったのでケイデンスは95+くらい、心拍145程度。退屈を感じながらどうにか120分回して終了。今日は気温が5度と寒いようだが、ローラー中は汗だくであった。窓が曇った。

1 今日は観劇の予定があるので、トレーニングはローラーのみ。

2 劇場に行く前にレイクタウンのスポーツオーソリティに行って夏用ウェアを買うことにする。

3 スポーツオーソリティに行くついでにバーガーキングで食事をする。ワッパーLセット。ローラーでカロリーを消費したせいか、やや物足りない。どうでもよいことであるが、おそらくバーガーキングは初。

4 バーガーキングで食事をし、スポーツオーソリティでコンプレッションウェアを買うついでに電気店に行き、一眼レフをいじくる。レイクタウンの電気店には7Dクラスまで展示されていた。フルサイズ機はなし。ズームでパシャ、広角でパシャ。フルサイズや7Dはシャッター音が「ファタッ」という音であり、kissクラスは「チョイーン」という音。同じメーカーなのにだいぶ違う音。どちらが好きな音かといえばkissクラスの音が好き。ま、音はどうでもよいが。ズームレンズは大きく重いが便利そうだな、と思った。撮れる画の質としてはGF1(というかパンケーキレンズ)は悪くない水準であると思うのだが、一眼レフと比べるとどこか頼りない。画が、ということではなくてフォーカスとか感度とかそういう性能部分が頼りない。一眼レフをいじった後GF1をさわると「ああ、コンデジに毛が生えた程度だな」という感じがする(画はきれいだが)。kiss x4はフルHD動画が撮れて、比較的小型軽量で結構いいな、と思ったが、カメラはフルサイズですよ、という内なる声に反している、いやいや初心者はこのくらいでいいのではないか、などと電気店でもじもじした。

5 劇場着。劇は「愛の妙薬」200年ほど前のイタリアオペラ。釣りバカ日誌で柄本明が室井滋に歌ったアリアはこのオペラのもの。底抜けにハッピーな作品であるので安心して観れた。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 121min 固定ローラー 

0 件のコメント:

コメントを投稿