4.08.2010

ローラー100min Swim1750m

2010/4/8
木曜日

ローラー100min
朝起きて足の具合が悪くないことを確認し、ローラー。ドリンク、心拍バンド、扇風機、TVを用意。負荷は特に低めで足にダメージを与えないことを最優先。インナー5速を回す。足に負担がないようにこぐと、心拍150,ケイデンス95+で推移した。60分を過ぎると徐々にケイデンスが落ちてくる。持久力が落ちているのだろう。回していても足にダメージを感じない。よしよし。退屈を感じながら90分まで我慢してこいで、10分はダウンで負荷を下げて終了。これだけの時間回せれば足底筋膜炎のリハビリとしては大満足。

1 ローラー後も足にダメージをあまり感じない。よかった。汗だくなのでシャワーを浴びる。

2 ローラー後の栄養補給兼朝食。写真のとおり大変豪勢であった。

3 紅茶を飲む。我ながら見事な日の丸構図で、才気あふれすぎであろう。

Swim1750m
プールはシニア女性であふれかえっていたが、まじめに泳ぐ人が多かったので、前が詰まることがなかった。後ろが詰まりそうになることがあるくらいだった。あまりがんばると先ほどの豪勢食事が戻ってきてしまうので、そこそこの負荷で。50mを55~57秒くらいで維持。1000mを過ぎたあたりから若干ペースが落ちた。右ブレスも適当に混ぜる。だいぶ右ブレスにもアジャストできてきた。クールダウンで5本泳いで終了。満足。

4 カメラはフルサイズですよ、というインナーボイスが聞こえだしてからしばらくたつが、まだ実物にはさわったことがない。普通の家電量販店には50Dくらいまでしか置いていない。大きな電気店でなければフルサイズは置いていないだろう。しかしフルサイズにレンズにCFカードとそろえると最低でも25万円程度はかかるだろうから、実物にさわって物欲に火がつくと大変困るのでさわるのは控えたい、と思いながら電気店に行かないようにしていたがどうにも辛抱たまらなくなってしまい、ビックカメラに行った。ビックカメラでフルサイズ機を初めてさわった。Nikon D700はずしりと重い。ごつい。でかい。さすがはフルサイズ。これだけの大きさでありながらGF1と似たような画素数である。素子の大きさがだいぶ違うからきっと高感度で暗部につよいのだろう。素人が買えるフルサイズ機筆頭Canon 5D Mark IIもいじくる。D700よりいくらか軽いが、ここまでくると多少の大小重軽は誤差の範囲だろう。サイとカバのどちらが大きいかは、犬に親しんだものにはどうでもよい。EOS Kiss等はいわゆるデジカメの延長線上に位置できるだろうが、フルサイズとなるともう別物。一眼レフはファインダーをのぞいて撮るのが通常であるらしく、液晶を見ながらシャッターを押す、というものではないらしい。このあたりの感覚もデジカメとは別物。GF1はデジカメと操作が変わらず簡単に使えるが、一眼レフには良くわからないボタンがたくさん付いている。いわゆるデジカメとは操作体系が大きく異なり、溝を感じる。

5 フルサイズ機を持ってパシャっと写真を撮るとかっこいいような、怪しげなおっさんなような。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 100min 固定ローラー 
Swim 1750m

0 件のコメント:

コメントを投稿