2.17.2010

通勤Run停止 左膝違和感2日目

2010/2/17
水曜日。曇り。寒い。
カナダでは冬季オリンピックをやっており、盛り上がっている。

朝起きて、膝の具合を確認する。
右も左も痛みはない。
左に若干の違和感がある程度。

今日は朝の通勤Runをしないことにする。
膝にダメージがあり、走った後に痛みと違和感が出る。
今日も、走れば問題なく走れるだろうが、ダメージを蓄積することになるだろう。

今後は痛みや違和感が出なくなるまでは休養または低負荷とする。
その後はRunのトレーニング量を減らして様子を見ることになるだろう。

午後、所用でさいたま新摩天楼へ行った。
この景色は、荒川CR田んぼゾーンから見たいものだ。
そろそろBikeに乗りたい。その前にローラーで膝の具合を確かめてからだ。
Bikeに1週間乗っていないし、今後しばらくはRunもできない。
スタミナもモチベーションもあるのに、トレーニングできないというのは、残念である。

膝が痛いとかどこかが痛いというのはトレーニングの量が多いか、負荷が強すぎるのだろう。特に素人の場合は。
体がまだトレーニングに対応できるものになっていないのに、身体の強度を超えたトレーニングをするから痛みとなって出る、というメカニズムのはずである。

Swim1800m
歩いてプールへ行く。
ウォーキングであればそれほど膝にダメージがないと思われる。
負荷が低く寒いのでそれ用のウェアで。
いろいろと考えながら泳いでみる。
フォームはどうだろうか、腕のかきはどうだろうか、回転数はどうだろうか。
さっぱりうまくいかない。
Swimは難しい。

風呂で足をマッサージ。歩いて帰宅。
やはり、歩く程度であれば、膝へのダメージはあまりないようだ。
--------------------------------------------------------------------------
Swim1800m

0 件のコメント:

コメントを投稿