2.22.2010

第17週 左膝回復に努めRunを再開したい

第17週
トライアスロンを始めて17週目となった。

---第16週まとめ---
先週は、右膝が直ったと思ったところで左膝に違和感がでた。
素人判断であるが、Runの衝撃が膝にダメージを与え、そのダメージの蓄積が、回復を上回ったために出たものではないかと思う。
足ができていないのに距離を走りすぎた」と思われる。
幸い深刻なものではなく日常生活には支障がない。
関節が疲労した」という表現があるとしたら、それであろう。
右膝がよくなったら左膝であったので、第16週の目標は全く達成できていない。
ただ「足ができていないのに距離を走りすぎて関節が疲労し、違和感がでた」のであれば、トレーニングの負荷や量の調整をする重要性を認識できたという点で、それなりの収穫である。

走れなくなった一方でBikeトレーニングを再開できた。
ペダリングをしても左膝にダメージがあまりないようだ。
70kmと短いものの実走もできた(落車したが・・・)
Bikeに乗れることが、楽しくうれしいものだと再認識した。

Swimについては低空飛行ながら安定してトレーニングできている。
まるで進歩を感じない。
リサ・ステッグマイヤーが「スイムは筋力より技術」と言っていたが、なるほどそうなのだろう。
私には技術がない。筋力もないが。
試行錯誤中である。

今週は左膝の回復を優先して、できればRunを再開したいところだ。
============================================
2010/2/22
月曜日。曇り。
嫌な夢を見る。ロストジェネレーションの苦境をなぞるような夢。
朝トレ目覚ましで起きる。
寝覚めはよい方。
花粉の影響か目がかゆい。
落車の痛みは引き続きある。首、ひじ、右足付け根。
ボトルに水を入れ、TVを起動し、心拍バンドをつける。
ストレッチに少し多めの時間をとる。

ローラー87min
ウォーミングアップとして15分程度はゆっくりこぐ。
しばらくすると足が動くようになる。
足に負担をかけたくないので軽めのインナー5速。
ケイデンス95+を意識するほかは、きつくならない範囲でこぐ。
チャンネルザッピングをしながら。
下平さやかは白い服に鶯色のストッキングというなかなか奇抜なカラーリング。
オリンピック放送がよい退屈しのぎになる。
長崎県知事選で野党系候補が勝ち、タイガー・ウッズの不倫してごめんなさい会見がアメリカメディアの間では酷評されているそうだ。
心拍は145前後ケイデンスは97前後で推移。
心拍が高い気がしたが、きつさや疲れは全く感じなかった。
87分こいで朝ローラー終了。
左右とも膝に異常なし。

通勤は全行程を歩く。まだ左膝を回復させたいから走らない。
走らないので時間がかかる。歩いているだけだから楽ということもなく、それなりに足が疲労する。
LSD的効果が得られるような気がしないでもない。
昨日、往路復路全行程を歩いたが、左膝にダメージがなかった。
歩くことは問題がないようだ。

Swim1750m
プールは比較的空いていて、特に前が詰まったり後ろが詰まったりということなく、またとまることなく泳げた。
ブレスと反対の腕が沈まないようプル(?)を意識。
楽な範囲よりも少しがんばって泳いだ。
息が上がる手前。
1500mを35分弱程度(あまり正確に測ってはいないが、目安程度)。
飽きることなく集中して泳げた。

風呂に入り、歩いて帰宅。
--------------------------------------------------------------------------
Bike 87min 固定ローラー 
Swim 1750m

0 件のコメント:

コメントを投稿