1.19.2010

サイコン(CATEYE V3)電池交換


私が使っているサイコンは自転車用品大手CATEYEのV3だ。
スピード、ケイデンス、心拍数を計測できるもの。
PolarやGarminほど高性能でないが、比較的安価で、
日常のトレーニングで不足を感じることはない。
時計機能もついていて、腕時計をする必要がなくなった。
私は使ったことがないが、周回コースを走る人にはラップ機能も便利なはず。
ある程度自転車に乗りなれてくると、スピード、距離よりも心拍とケイデンスが気になるようになった。
ロードを買った時、V2とV3とどちらがいいかわからなかったが、心拍が計れるV3で正解だった。

寒い日や乾燥している日に心拍が計測されにくい場面もあるにはある。
そういうときは胸バンドを濡らしたり汗で湿ってくるのを待てばいい。
さて、先日サイコンの電池を交換した。
結構前から「電池切れますよマーク」がついたり消えたりしていた。
サイコンによれば150時間ほど使ったようだ。
バックライトを点灯すると電池の消耗が早まるようだ。

CR2032という電池を、コンピュータ本体、心拍を計る胸バンド、発信機の3つに使用していて、3つとも交換。
たかが電池でも積もれば結構な金額になってしまう。
悲しいことに私は、たかが電池でぐずぐずケチくさいことを言わない紳士ではなく
たかが電池でぐずぐずケチくさいことを言う人間だ。


そこで100円ショップ大手ダイソー
CR2032が2つ入っていて105円。
安い。安いから不安であるが、天下の三菱がつくっているようだからきっと大丈夫。
安物買いの銭失い、という慣用句が頭をよぎるが、
しばらく使ってみることにする。
--------------------------------------------------------------------
2010/1/19
火曜日。よく眠れたので朝トレーニングの目覚ましで起きる。

ローラー80min
疲労をためたくないので、普段より心拍低めの120~125を意識して
軽いギアを回す。
ケイデンスアベレージが102で、普段よりもクルクル回せた。
疲労感よりも爽快感のほうが強い。
テレビ朝日を見ながら。
政治とカネ、高見盛とグラビアアイドルの話題であった。

通勤往路Run5000m
走りだしはすねの筋肉が痛くきつめ。
5:30ペースで走っているつもりが、5:40前後と表示。
2kmを過ぎたあたりで調子が良くなる。
5:30ペースで走っているつもりが、5:20前後と表示。
予定通りの5000m。
疲労感よりも爽快感のほうが強い。
「もっと走りたい」という感じで終われた。
今週の上限5000mと設定して、その計画通りに達成できたのがうれしい。

プールまでRun4000m
2kmくらいまではきつめ。
ペースは5:30前後と思われる。
朝ほど調子は良くない。

Swim 2050m
疲れないようのんびり少しだけ泳ぐつもりだったが、
がんばってしまった。
ウォーキングで帰宅。ウォーキング時やや疲れを感じた。
----------------------------------------------------------------
Bike 80min 固定ローラー 
Run 朝5000m 夜4000m 合計9000m
Swim 2050m

0 件のコメント:

コメントを投稿