4.25.2017

指の独立トレーニング




Jordan Rudess先生が指の独立トレーニングの例を紹介していた。
見ているだけで頭がもやもやとしてくるし、実際にマネをしてみると「うわあああぁあああああぁぁぁぁぁぁあああああ」となる。
シリアス勢や音大志向だとハノンとかピシュナとか指の独立とかスケール練を朝に4時間、夜に4時間くらいは練習するらしいが、常人だと精神の健康を失うこと間違いなしである。


先生はステージでは電子楽器を使っているが、やはりスタインウェイも使ってるらしい。
塗装が艶消しの黒にみえる。もしピアノを買える時が来たら艶黒ではなく、艶消しの黒か木目にしたい。

それと、私は手が小さいので先生の野球グローブみたいに大きな手がうらやましい。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

4.24.2017

【SBUX】バリューでシーゲルな方々と違う点【NKE】


ポルシェに乗って夜の東京とか曲がりくねった山道を走ればテストステロンが補充されて中年の危機が緩和するに違いない!というイケイケの発想から始まったポルシェ貯金であったが…。

  1. 税年金保険等の負担増
  2. もらえる年金がカットされる
  3. 薄くなっていく給料袋
  4. 老化
  5. 労働意欲減
  6. 中年の危機
  7. 失われた20年が継続する予感

ポルシェ代捻出のためにケチ生活を送ると、上記のようなネガティブな要素がチラチラと頭をかすめ、暗い人生観・マネー観が醸成された。そしてイケイケのポルシェ貯金者から拝金主義者に転向するに至った。

拝金主義者としてネットの海を巡回してエライ人の記事を読んでいくいくうちに「S&P500最強説」に触れることが多くなった。

見たいものだけを見る。見たくないものは見ない。願望に基づいた解釈。妄想の採用。危険を示す事実の無視。これら各種確証バイアスを重ねて、おおむね、S&P500最強説に洗脳され、S&P500最強説を自論とした。S&P500最強説に傾倒しながらも、その傍流ともいうべき米国バリュー派・シーゲル派の方々の考え方に、より共通する点を見出していった。

これからの世界を統べるだろうと【AMZN】【GOOGL】【BABA】に手を出した時期もあったが、それらは処分し、結局のところ【HDV】【VYM】【PM】【JNJ】【KO】【PG】【MCD】といった定番がずらりと並ぶ、バリュー・シーゲル派に近づいたポートフォリオになった。



定番を並べつつ、20年30年40年の長丁場を考えた時、スパイスというか刺激というか個人的な好みの銘柄があってもよいだろうと加えたのが【SBUX】と【NKE】である。どちらも世界最大手でコスモポリタン的。健康志向のトレンドにも強そうで、モートもワイドなので。ただ、配当は少なく、ハナクソ決算を出すたびに「おはぎゃあ」を味わわされることになって、つらいのだが…。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ